Onizaki Yacht Club header image
2018年08月23日(木)/ 08:58

台風21号で、倉庫プレハブの裏扉が破損しました。
有志による護岸掃除が行われました。(2018/9/9 レース終了後)
2艇のスターンもやい破損による隣3艇にダメージが出ています。
隣接の遊漁船のアンカー流れによる船体ダメージあり。
[simpleviewer=278,650,635]

オーナー各位

台風20号が23日(木)から24日(金)にかけて四国から紀伊半島にかけて上陸する予報が出ています。
今後、非常に強い台風に発達する見込みです。

各艇は台風対策をとることと思いますが、
以下のことを明日の午前中までに是非行ってください。

①ジブファーラーを付けている艇はジブファーラーを外すこと
②ブームにメインセールを付けている艇はメインセールを外すこと
③オーニング等風の抵抗になるものはすべて外すこと
④フェンダーを付けること
⑤隣同士のマストがからまないよう係留調整すること
⑥チェーン、タイヤ、もやいロープなど係留施設を点検し、必要があれば、増しもやいなど必要な措置をとることなど

これをしておけばよかった、あれをしておけばよかったと、後から後悔しないよう
最大限の台風対策を行ってください。

全艇に被害が出ないことを切に願っております。

会長 梅原

Comments Off
2018年08月21日(火)/ 10:13

9月2日 第32回鬼崎ヨットクラブ 安全訓練を実施しました。
    無線運用についての講話、海上保安署からの安全に関する講話
    常滑市消防による救急救命(AED使用)の訓練を参加者全員で行いました。
      *午後からの海上訓練は、台風21号接近に伴う台風対策を優先させ中止にしました。
[simpleviewer=276,650,635]

 第32回 鬼崎ヨットクラブ安全訓練計画書
             鬼崎ヨットクラブ安全委員会

1 実施日 平成30年9月2日(日)
2 会 場 (1) 陸上訓練
鬼崎ヨットクラブ クラブハウス
(2) 海上訓練
鬼崎フィッシャリーナ沖水域
3 内 容 (1) 午前の部
  8:30 会長の挨拶  
OYC各委員からの連絡事項
安全訓練の概略説明(艇長会議)
9:00 電波適正利用推進員協議会による講話
9:30 海上保安庁による安全講話
10:00 陸上訓練開始
陸上訓練の概要 
常滑消防署の指導による救急法及び
AEDによる 心肺蘇生方法等
11:00 陸上訓練終了

(2) 午後の部
13:00 出艇(鬼崎フィッシャリーナ沖訓練水域に移動)
13:30 海上訓練開始
海上訓練の概要(海上訓練プログラムのとおり)
15:00 海上訓練終了
15:30 帰港・解散
4 参加艇 (1) 鬼崎ヨットクラブ所属全艇
(2) 常滑警察署所属警備艇 とこなめ愛2
(3) 中部空港海上保安航空基地 レスキュー艇(ゴムボート)
5 体 制 (1) 本部艇 Carina 
川添安全委員長、田仲安全副委員長、他1名
(2) 連絡艇 YMCAヨットクラブレスキュー艇
YMCAヨットクラブ会員2名(写真撮影を兼務),
海上保安庁1名

海上訓練プログラム
1 準 備
(1) 参加全艇乗員は、ライフジャケットを着用して乗艇する。
(2) 参加各艇は、アマチュア無線機及びVHF無線機を使用できる状態にして待機する。
連絡周波数 アマチュア無線 432.90MHz 
予備周波数   432.80MHz
VHF無線  通話72チャンネル
2 訓練割り当て
(1) 無線通信訓練
ア 参加艇 
全艇
イ 訓練内容
 本部艇からアマチュア無線及びVHF無線で各艇を呼び出し、各艇は、本部艇に応答する。ことによって無線の運用訓練とする。
(2) 荒天帆走訓練
  ア 参加艇
    全艇
イ 訓練内容
メインセールとジブセールをフル展開で帆走中に、天候が悪化したと想定して、以下の要領で帆走する。
(ア) メインセールを1ポイント又は2ポイント縮帆する。
(イ) ジブセールをストームジブに変更するか、ジブファーラーを適切な大きさまで巻き込む。
(3) 落水者救助訓練1
  ア 参加艇
    海上保安庁レスキュー艇、YMCAレスキュー艇
  イ 訓練内容
 
YMCAレスキュー艇から海上保安庁職員が落水して、海上保安庁レスキュー艇が落水者を救助する。
(4) 落水者救助訓練2
 ア 参加艇 全艇
 イ 訓練内容
 フェンダー等を落水者に見立てて、以下の要領で訓練を行う。
(ア) 落水事故が発生したら、直ちに浮環及びダンブイ(落水者マーク)  
を投下する。
(イ) 操船要員以外の者は、落水者を指示して見張りを続ける。
(ウ) 艇を反転させて、落水者の風上側に艇を停止させて、落水者を
艇上に引き上げる。
※救助活動に入ったら、直ちに国際信号旗「O」旗を掲揚して「救助活動中」であることを周囲の船舶に示す。
※以前は、「落水者を風下から救助する。」とされていたが、風下からだとヨットが風により落水者から離れるので、「風上側から救助する。」
 
 (5) 曳航訓練1
 ア 参加艇 全艇

救助艇(航行不能艇) 救助艇(航行不能艇)
はやぶさ      せいりょうパラダイス
ISEⅤ       Zic ZacⅡ
グランメール   白砂
波光       高波Ⅲ
QUERIDA ZERO  Only You-2
風の如く      BROWN SUGARⅡ
ミストラルⅣ   J brow
ひねもすⅣ      カレスⅡ
QUERIDA      LUNA-Ⅴ
シャチ二世      志摩
アルバトロスⅡ   コロ助
雲         Sky Time
Coo Coo Six   らくだ
HIBISCUS-Ⅲ   めいとく丸
FORTE      美洲
マイマイ      SATA Ⅲ
 
 
 イ 訓練内容
(ア) 航行不能艇は国際信号機NC旗を掲揚して漂流する。救助艇は、
航行不能艇に近づいて、曳航手順を説明して曳航する。
(イ) 救助艇と航行不能艇を交代して実施する。
(6)曳航訓練2
 ア 参加艇
  (ア)救助艇   常滑察署とこなめ愛2
     航行不能艇 Perky Peter
(イ)救助艇 海上保安庁ゴムボート
  航行不能艇 The Sence of Wonder
イ 訓練内容
(ア) 航行不能艇は国際信号機NC旗を掲揚して漂流する。救助艇は、
航行不能艇に近づいて、曳航手順を説明して曳航する。
(イ)航行不能艇から救助艇への乗り換えは行わない。

3 連絡艇
YMCAヨットクラブのレスキュ-艇が連絡係を担当し、本部艇と無線機を搭載していない各艇との連絡及び訓練の写真撮影を行う。
以上

Comments Off
2018年08月17日(金)/ 09:59
Categories:総務委員会

OFC浚渫の日程

8月16日(木)実施
  17日(金)強風のため中止、
  18日(土)実施:OFC出入り口浚渫
8月20日(月)〜OFC港内浚渫

 ※、天候等の理由で、日程の変更は有りえます。

作業時間帯:
 午前5時〜午後7時

浚渫時の航行について:
 基本的には、船の航行を禁止します。

 止む終えない場合は、作業の合間(土運船が土を捨てに行く時間)に通過して下さい。
  工事優先、作業船等の指示に従って下さい。待ち時間が、最大1時間程度となります。

遊漁船の避難について:
 浚渫に前後して、浚渫エリアの遊漁船の錨の引き上げや上架等の作業が行われます。
 港内の航行には、いつも以上に注意して、譲り合って下さい。

ポンツーン利用について:
 ポンツーン下及びその周辺の浚渫を行う為、浚渫期間及びその前後もポンツーンが利用できない事があります。

Comments Off